FARO 3D Technology Seminarは、FARO 3D User Conferenceと同じコンセプトのもとに開催されるセミナーです。FARO 3D User Conferenceは、アジア太平洋地域でB2B向けの3Dレーザースキャニングコミュニティイベントとして業界をリードしてきました。2019年は、中国で7月にFARO 3D User Conferenceが開催されるのを皮切りに、オーストラリア、インド、日本にてこのテクノロジーセミナーを開催します。

デジタルテクノロジーは広く行き渡り、企業はグローバルでのデジタル化の可能性を実感する方法を模索してきました。空間情報に携わるコミュニティは、デジタル化にとって決して新しいものではありませんが、デジタル処理の効率を最大化する効果への評価のスピードはますます速くなっています。

業界のニーズに呼応して、今年開催されるFARO 3D Technology Seminarでは、“Constructing a Digital Future”(デジタル時代の未来をつくる)というテーマを掲げ、業界のニーズに対応し、業務へのより統合されたデジタル化を考察します。

FAROは、「設計、建設、管理」の建設ライフサイクルにおいて、より効率的に遂行できるよう、現実とデジタルの橋渡しをしたいと考えています。FARO Traceable Construction™のコンセプトは、AEC業界の専門家がFAROの製品やソリューションのエコシステムにより、情報に基づく建設ライフサイクル環境内で業務に携わることを可能にします。Traceable Construction™は、現状データが必要なそれぞれの段階間のスムーズな移行を実現し、FAROソリューションを使用するニーズにマッチしています。

開催目的

FARO 3D Technology Seminarは、アジア太平洋地域の3Dユーザーが一堂に集う交流の場です。

  • 最新の3D製品とテクノロジーの展示
  • 専門知識、使用例、ノウハウの共有
  • ネットワーク作りの場を提供
  • 直接交流する機会を提供
  • 新しいビジネスの創出

参加対象者

以下の業界の経営幹部、役職者、スペシャリスト、エンジニア、コンサルタント。

  • 建築
  • エンジニアリング
  • 建設・土木
  • 文化遺産調査・保存
  • ファシリティマネジメント
  • 造船
  • 測量

開催目的
参加対象者

プログラム

都市

大阪市

2019年8月22日

**会場は近日公開予定です**

広島市

2019年9月5日

**会場は近日公開予定です**